2008年 入社

藤田 竹秀 営業
事業開発業務

「今しかできないこと」を大切に。好き嫌い無しに何でも挑戦してください。
若い感性から浮かんでくるアイデアを求めています。

藤田 竹秀

Q. 現在、どんなお仕事をされていますか?

取次会社では扱っていない、直販誌や地方誌を全国のお取引先へお届けするための配送管理にあたっています。具体的には出版社様と書店様・CVS店様間の配送がスムーズに行えるように出版社様とのスケジュール調整から納品部数の提案、伝票発行、配送会社様との情報共有、書店様・CVS店様や商品部様からの要望対応等を行っています。
肝となる配送スケジュールに関しては前月に作成し、関係各社様と綿密な連携をとっています。また、新規事業開発の為のプロジェクト管理や販売促進、一般的な事務業務全般などの多様な業務にも取り組んでいます。

Q. あなたが入社を決めた理由は?

出版業界の可能性を探っていく楽しさ、新規事業に取り組むことへの面白さから入社を決めました。

Q. お仕事で苦労するのはどんな点ですか?

商品が出版社様から書店様・CVS店様、そしてお客様の手元に届くようにありとあらゆる情報を収集、調整し、トラブルなく、全体をコントロールすることに苦心します。緻密かつ正確に行わなければなりませんが、自分の思い描く通りに事が進んだ時は快感です。

Q. お仕事で喜びを感じるのはどんな時ですか?

早く、正確かつ、ベストな結果が出せた時ですね。また、業務改善の為ため、自分の力で仕事をブラッシュアップしていくことも楽しいです。2つの仕事をマクロを組んで1つに統合し、より正確かつ処理時間の短縮ができた時は嬉しかったですね。

Q. 仕事の向上のために、何かなさっていることはありますか?

現在、ITパスポート取得に向け勉強中です。また、一見関係なさそうにみえる仕事でも小さな接点でつながっていることもあるので個々の仕事を自分の頭の中で繋げ、知識を円にするように、業務で疑問に思ったことは「とことん」調べつくし、知識を拡げています。プライベートではロードバイクで100km超を走ったりしながら心身をリフレッシュしています。公私のメリハリをつけることも仕事の向上につながっていると思います。ちなみにヒルクライムが好きです。

Q. 新人に求めるものはなんですか?

若い感性から浮かんでくる活きの良いアイデアを求めています。若さこそ武器です。勇気をもって提案して下さい。

藤田 竹秀

Q. 応募してくる新人に応援メッセージをお願いします。

経験にまさる財産はありません。「今しかできない事」を大切に、好き嫌い無しに何でも挑戦して下さい。いつか振り返った時に、自分の武器になっているはずです。

Schedule 一日のスケジュール

08:00 出社。メール処理、ToDo確認
09:30 グループミーティング(報告と決裁)、プロジェクト管理
10:30 直販誌販売実績取りまとめ、配本決定、伝票作成、関係各所との折衝
14:00 地方誌紙配送スケジュール作成、運送会社との折衝
15:00 配本表作成、チェック、システム管理、店舗対応、取引先問合せ対応
16:30 新規事業案件検討、プロジェクト管理ツールメンテナンス
18:00 退社
TOP